日本版FTEM

Fの段階(ファウンデーション)

ファウンデーション 土台となる遊び・動作・スポーツ
タレント スポーツタレントの顕在化と育成及び実績
エリート シニア代表への選出と成功
マスタリー シニア代表での継続的な成功
Foundation:土台となる遊び・動作・スポーツ

「F」の段階は、遊びや運動を通して様々な動作を獲得してから、本格的にスポーツに参加するまでの、3つの段階(F1~F3)に分かれています。この段階での取組みは、「国際競技力の強化」や「身体活動/活動的な生活習慣」の基礎となります。

Fの段階における育成の中心は、保護者や兄弟、友人、教師、コーチ、クラブ等が重要な役割を担っています。

下のベストプラクティス(最良の方策)を意識して、アスリート育成パスウェイについて考えてみましょう。


F1基本的動作の習得と習熟

Fの最初の段階「F1」は、運動遊びを始めたり、幅広い基本的な運動の動作(走跳投や道具の扱い)を習得する段階です。

育成の中心:保護者、兄弟、家族、友人

F2動作の獲得と洗練

「F2」は、学校体育や多様なスポーツ経験を通して、F1で習得した基本的な運動の動作を、楽しみながら向上させ、改善する段階です。

育成の中心:保護者、教師、コーチ、友人

F3スポーツ/競技大会への専念

「F3」は、スポーツに特化した練習や競技大会に参加する段階です。この段階では、発育発達に配慮した練習や競技大会が展開され、体力・運動能力の高い子どもからマスターズや市民ランナーなどの生涯スポーツの実践者が該当します。

育成の中心:クラブ、コーチ、教師、専門家

Fの段階におけるベストプラクティス

※1 サンプリング:一人が同時に複数のスポーツを経験すること。
※2 バイオバンディング:発育発達の個人差を考慮して、暦年齢でなく生物学的年齢でアスリートをグループ分けすること。