日本版FTEM

Eの段階(エリート)

ファウンデーション 土台となる遊び・動作・スポーツ
タレント スポーツタレントの顕在化と育成及び実績
エリート シニア代表への選出と成功
マスタリー シニア代表での継続的な成功
Elite:シニア代表への選出と成功

「E」の段階は、シニア日本代表から、国際競技大会でメダルを獲得する段階までの、3つの段階(E1~E3)に分かれています。

この段階では、国際舞台で活躍するための支援(スポーツ医科学支援や助成金等)が増大します。また、アスリートが競技面以外の要因(就職等)により離脱することを防ぐためにデュアルキャリアに関する支援も必要とされています。

Eの段階の育成は、コーチ、中央競技団体、スポーツ統括団体等が重要な役割を担っています。

下のベストプラクティス(最良の方策)を意識して、アスリート育成パスウェイについて考えてみましょう。


E1シニア代表

「E1」は、シニアの国際競技大会またはプロフェッショナルスポーツで、代表選考を通してシニア代表に選出される段階です。

育成の中心:コーチ、中央競技団体、スポーツ統括団体

E2実績

「E2」は、直近の世界選手権大会等で8位入賞の実績を有するアスリートである「メダルポテンシャルアスリート」の段階です。

育成の中心:競技団体、スポーツ統括団体

E3成功

「E3」は、世界選手権、オリンピック、パラリンピック競技大会等でメダルを獲得したり、プロリーグで名誉を得た実績を有する段階です(メダリスト)。

育成の中心:競技団体、スポーツ統括団体

Eの段階におけるベストプラクティス