日本版FTEM

日本版FTEMとは?

JSCが目指していること
私たちは、スポーツを実施するねらいには大きく分けて「身体活動/活動的な生活習慣」、「スポーツへの参加」、「国際競技力の強化」の3つがあると考えています。JSCでは、それぞれのねらいに違いはあっても、一つのアスリート育成パスウェイによってつながっているものと考えています。

私たちは、アスリート育成パスウェイ全体を様々な視点から捉え、スポーツに関わる関係者が競技や組織の垣根を越えてコミュニケーションをとり、より良いスポーツ環境が整備されることを期待しています。
FTEMとは何だろう?

1アスリート育成パスウェイを整理するための枠組み「FTEMフレームワーク」

オーストラリアでは、アスリート育成パスウェイを育成の過程に合わせて、F(Foundation)、T(Talent)、E(Elite)、M(Mastery)の段階的に分けた「FTEMフレームワーク」を開発し、それを活用してスポーツの振興やアスリートの育成を行っています。

JSCでは、このFTEMフレームワークをもとに、科学的な根拠に基づいた普及・発掘・育成・強化を推進するため、日本の競技スポーツの基盤を踏まえた「日本版FTEM」を開発しました(衣笠ら, 2019)。


図:日本におけるスポーツとアスリート育成の枠組み
「日本版FTEM」とは何だろう?

2「日本版FTEM」の特徴

「日本版FTEM」は、Fの段階「ファウンデーション(F1~F3)」、Tの段階「タレント(T1~T4)」、Eの段階「エリート(E1~E3)」、Mの段階「マスタリー(M)」の11段階に分けられており、以下の3つの特徴があります。

  • オリンピック、パラリンピック、プロフェッショナル等のスポーツにおいて、長期的な視点からアスリート育成について考えることができます。
  • スポーツを「する」者の視点だけではなく、スポーツを「ささえる」者の視点を踏まえてアスリート育成について考えることができます。
  • スポーツに関わる関係者が、統一された言語を用いて、アスリート育成について考えることができます。
誰が「日本版FTEM」を使うか

3「日本版FTEM」の活用について

「日本版FTEM」は、アスリート育成に関わる幅広い関係者が活用できます。

  • アスリート
  • 保護者
  • コーチ・指導者
  • 都道府県競技団体関係者
  • 中央競技団体関係者 等
アスリート育成パスウェイを考えよう!

4全体像について考える

スポーツを「ささえる」者(コーチ等)は、個人・スポーツ・システムの観点を踏まえ、アスリート育成パスウェイの全体を様々な視点(ミクロ・メゾ・マクロ)から捉えることが重要となります。

アスリート育成パスウェイを支える育成の基軸(柱)


[個人]
インテグリティ
心技体知

[スポーツ]
組織のビジョン/リーダーシップ/文化
質の高いコーチング
質の高い育成環境

[システム]
関係者との連携・協働
ネットワークと支援

それぞれの立場からアスリート育成パスウェイを協働(Co-design)して整備していきましょう。

それぞれの段階について詳しく見ていこう!
ファウンデーション 土台となる遊び・動作・スポーツ
タレント スポーツタレントの顕在化と育成及び実績
エリート シニア代表への選出と成功
マスタリー シニア代表での継続的な成功