タレント発掘・育成プログラム

タレント発掘・育成プログラムとは?

タレント発掘・育成への想い 魅力ある「真のチャンピオン」
を一人でも多く輩出したい…
JSCが望むタレント発掘・育成の在り方
私たちは、アスリートが育成される道筋(アスリート育成パスウェイ)における、入口の「選択の機会と場」を提供できるか、が大切だと考えています。より多くの人が自身の適性に応じたスポーツを選択し、世界に挑戦できるよう、できる限り多くのアスリート育成パスウェイの入口をつくっています。
そして、私たちの目標は、単なるメダリストの輩出だけではなく、誰もが憧れて応援したくなるような、魅力あるアスリートを輩出することです。このような「真のチャンピオン」となるアスリートを一人でも多く輩出することが、私たちの目標であり、夢でもあるのです。
タレント発掘・育成とはなんだろう?

1タレント発掘・育成とは?

私たちは、適性を有する潜在能力(ポテンシャル)の高いタレントを見出し、優れたコーチから質の高い育成プログラムを提供されることで、将来性の豊かなタレントのパフォーマンスを最大限に引き上げることができると考えています。
究極的には、タレント発掘・育成(Talent Identification and Development、TID)とは、将来性の豊かなタレントと優れたコーチを出会わせることです。

イラスト
どんなタイプがあるのか?

2発掘・育成 3つのタイプ

一般的に「タレント発掘」と聞くと、子どもが見出されて、エリート教育される、というイメージが強いのではないでしょうか。しかし、図1に示すように、タレント発掘・育成は、子どもだけでなく、大人を対象としたものまで、以下の3つのタイプに分けることができます。

タレント発掘・育成の概念図

① 種目適性型

個人の適性に応じたスポーツを模索すること
例えば、福岡県タレント発掘事業では、発掘プログラムで選考された県内の小学5年生から中学3年生を対象に、育成プログラムを実施します。育成プログラムでは、様々な競技実戦等による身体・知的能力を高める活動をしています。このような育成プログラムを経て、体力測定値や指導者の評価等の情報から、地域タレントの個々の能力を活かして、将来的に世界で活躍できる競技種目に導きます。

② 種目選抜型

特定のスポーツにおいて適性を見出し、選抜すること
例えば、地区代表、年代別代表、日本代表などを選出する際に、既にそのスポーツを実施している者から選出することです。

③ 種目最適(転向)型

あるスポーツのアスリートが、自身の特性を活かすことのできる別のスポーツに変わること
例えば、私たちが2015年に実施したNTID合同トライアルでは、バスケットボールから7人制ラグビーに種目を最適化(転向)したある選手は、現在は年代別日本代表となっています。

成功事例にはどんなものがあるのか?

3他国の例

近年、イギリスやオーストラリアなどタレント発掘・育成の先進国では、国を挙げて戦略的な支援をしています。特に、イギリスでは、有能なタレントを対象に最短期間でメダル獲得を目指す、短期育成(ファストトラック)というアプローチで、主にボートや自転車等の記録系スポーツへの集中的投資により、オリンピック競技大会でメダルを獲得しています。 例えば、イギリスのスポーツ政策執行機関であるUK Sportが2007年から2012年まで7つのタレント発掘・育成のキャンペーンを行っていました。中でも、長身者を対象としたSporting Giantsにおいて、2008年に陸上のクロスカントリーからボートへ種目最適化(転向)したHelen Glover 選手が、2012年 ロンドンオリンピック競技大会の女子ペアで金メダルを獲得しました。これは、わずか4年半という育成期間での成功事例でした。さらに、同国ではパラリンピックのタレント発掘・育成でもわずか3年でメダリストを輩出した事例もあります。

イラスト
どのようにしてタレントを見出していくのか?

4NTIDについて

私たちが全国規模で実施しているナショナルタレント発掘・育成(NTID)では、将来性の豊かなタレントと優れたコーチを出会わせるため、「発掘・検証・育成」の3つの段階を用意しています。私たちが、NTIDを通してどのようにしてタレントを見出していくのか、を以下に説明します。

「発掘・検証・育成」の3つの段階の図

STEP1「発掘」の段階

最初の段階である1次選考では、一般的な体力・運動能力測定を国立スポーツ科学センターや大学など様々な場所で行います。また、2次選考では、専門的な測定を行い、よりその競技で求められる能力やコーチの眼による評価をしていきます。これらの測定項目は、競技によって異なりますが、この段階では、コーチの眼とスポーツの医科学的分析に基づいた発掘プログラムを行うことが大切です。

STEP2「検証」の段階

検証プログラムは、1日、2日の測定では見出すことが難しい、タレントの潜在能力(ポテンシャル)と適性を検証します。そのために、数週間から数ヶ月の専門的なトレーニングを行い、検証プログラムの前後で専門能力の発達の度合い(成長率)や、取組む姿勢や覚悟等を見ていきます。この段階では、タレントの競技への適応過程を検証します。

STEP3「育成」の段階

この段階では、中央競技団体が主体となり、コーチ、ライバル、トレーニング、競技会等の世界基準の育成プログラムが提供されます。私たちと中央競技団体が事前の協議を行い、目標大会で求められるパフォーマンスから逆算して設定したパフォーマンスの最低水準(ベンチマーク)に対して、いかにその差を埋めてタレントが成長するか、が重要です。

NTIDのこれまでの実績

2013年から実施しているNTIDでは、総じて約500名が参加し、そのうちの9名が中央競技団体の育成プログラムにつながっています(2016年4月時点)。中でも、2015年に行ったNTID種目最適(転向)型プログラムでは、2020年東京オリンピック競技大会をねらって、カヌースプリントで女子1名、自転車トラックで男子1名のアスリートが、大きな目標に向かって日々トレーニングを行っています。また、オリンピックだけでなく、パラリンピックにおいてもNTIDをこれから行っていきます。

世界を「ねらう」アスリートたち

菅原 彩花 選手

中学から大学まではバレーボール部に所属していましたが、2015年にNTID種目最適(転向)型プログラムに参加し、カヌースプリントに合格しました。彼女は、現在、中央競技団体のナショナルコーチのもとで2020年東京オリンピック競技大会に向けてトレーニングを積んでいます。 彼女がメダル獲得をねらっているC-1 200mは、東京オリンピック競技大会で新規採用される種目です。 菅原選手は、「NTIDは新しい世界への扉です。NTIDを通してオリンピックを目指すため、常にできないことに挑戦する必要があり、そのためには勇気を持つことが大切だ、ということを学びました。」と語っています。

写真